和田両磨×東映太秦映画村 忍屋

 pf


和田両磨

兵庫県神戸市出身。京都工芸繊維大学大学院修士2回生。2013年より映画村内の「忍屋」で忍者のアルバイトを始める。

“東映太秦映画村の魅力は、昔の空気感の中で遊べること。”

—東映太秦映画村にある「忍屋」で忍者のアルバイトをしようと思ったきっかけは?

「神戸市出身で大学から京都に出てきたから、京都でしかできないバイトをしよう!と思っていました。最初はなんとなく人力車のバイトにしようかなと思っていたけど、知り合いに聞いたら歩合制ということで辞めて……。京都らしいバイトは諦めようかなと思っていたところ、『東映太秦映画村で忍者をやりませんか』という『忍屋』の求人を偶然見つけて応募しました。」

—東映太秦映画村だから応募したのですか?

「そうです。東映太秦映画村はバイトするまで来たことがなかったけど、ここは昔の空気感の中で遊べるところが良いですね。あとは、昔の建物を再現しているので好きな人はもっと楽しめると思います。」

和田02

和田03
東映太秦映画村内にある忍屋のショップで、ゴム製の手裏剣など忍者グッズを販売している。

—お仕事の内容を教えてください。

「接客です。忍屋のショップで忍者グッズを販売したり、手裏剣の投げ方を教えたり。ただお客さんに物を売るのではなく、どの年代のお客さんにも楽しんでもらえるように商品を紹介することを心掛けています。お金払って来ていただいているからには『来て良かったね』と思ってもらえるようなサービスや空間づくりをしたいです。」

和田04
バイト中は、いつも剣玉とおもちゃの刀をこのように背に結んでいるという。

—和田さんは剣玉が趣味ということですが、それはここで忍者のアルバイトをしていて剣玉をやるようになったのですか?

「いや、僕が忍屋に持ち込んだと記憶しています。当時剣玉にハマっていたからお店にもたまに持って来ていて、これもパフォーマンスの一つかなと思って子ども達と一緒に遊んでいました。そうしたら、忍屋の方がそれを見て『剣玉仕入れてみようか』とショップに置いていただきました。」

 

“忍者のアルバイトは意外と女子ウケがいまいち(笑)。”

和田05
ショップ内にある、子ども向けのゴム製手裏剣のゲーム。手裏剣の投げ方を教えるのも和田さんの仕事。

—忍者のアルバイトをしていて、楽しいと感じるのはどんなときですか。

「外国人の方が来て、手裏剣を投げて『おぉ〜!』と喜んでいるのを見ると楽しんでもらえてるなぁと嬉しくなります。バイトをして丸2年経ちますが、1年目は女子高生に『一緒に写真撮ってください!』って言われていたけど、2年目はなぜか東南アジアの女性に人気があります(笑)。」

—やっぱり忍者のアルバイトって女子ウケがいいんですね!

「いや、女子ウケはそんなに良くないです。どちらと言うとおっちゃんウケかな(笑)。いま就活中なので、企業面接で『アルバイトは何をしていますか?』と聞かれてアルバイトのことを説明したら食いついてくれたり。飲み会での小ネタにもなりますね。」

和田06

「この忍者の格好は、着やすいように改善されているみたいです。」

—その制服は普通に洗濯できますか?

「できますよ! 住んでいるマンションでは外から見えないように干しています(笑)。」

 

東映太秦映画村


住所:京都府京都市右京区太秦東蜂岡町10
電話番号:0570-064349
営業時間(2015年〜2016年)
3~7、9月の平日と10、11月毎日  9:00~17:00
3~7、9月の土日祝と8月毎日  9:00~18:00
12~2月の平日  9:30~16:30
12~2月の土日祝  9:30~17:00
4月30日、5月1日  9:00~18:00
5月3日~5月5日 8:30~21:00
※入村は営業終了の60分前まで。
※ゴールデンウィーク、夏休み、年末年始は時間延長あり
休村日:2016年1月18日より1月22日
※設備メンテナンスのため休村させていただきます。
HP:http://www.toei-eigamura.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
川上 ひろこ

川上 ひろこナポリタン編集長 / ライター

投稿者プロフィール

1992年大阪府摂津市生まれ。京都精華大学在籍。2012年春に同大学を休学し、栃木県益子で環境問題を扱うNPOの元で2ヶ月のあいだ環境保全活動をする。同年夏より、ご縁がありフリーライターとして東京の広告代理店の編集業務を取り扱う部署に常駐。憧れていた雑誌やネットニュースの原稿執筆をする。2014年春より復学し、現在は京都市左京区の「恵文社」から自転車で7分の距離にある家でシェアハウス中。好きな食べ物はチョコミントとパクチー。「ナポリタン」を京都愛あふれるウェブサイトにするため、今日もママチャリに乗ってネタ探し。

この著者の最新の記事

おすすめ記事

  1. 奥様の名前は沙弥香。そして、旦那様の名前は宏之。ごく普通のふたりは、ごく普通の恋をし、ごく普通の結婚…
  2. 奥様の名前は沙弥香。そして、旦那様の名前は宏之。ごく普通のふたりは、ごく普通の恋…
  3. 皆さんは覚えておいででしょうか? 今年2月の記事「家族で!それゆけ!手作り市~上賀茂手づくり市編~」…

話題の記事

  1. 2015-11-12

    【短期連載】初心者でも安心! 「はじめてのすもう学」イベントレポート第2回

    奥様の名前は沙弥香。そして、旦那様の名前は宏之。ごく普通のふたりは、ごく普通の恋をし、ごく普通の結婚…
  2. 2015-11-2

    【短期連載】初心者でも安心! 「はじめてのすもう学」イベントレポート第1回

    奥様の名前は沙弥香。そして、旦那様の名前は宏之。ごく普通のふたりは、ごく普通の恋…
  3. 2015-8-21

    夏はやっぱりビールに……お団子!? パンダ形のお団子屋さん「ぱんだの散歩」

    皆さんは覚えておいででしょうか? 今年2月の記事「家族で!それゆけ!手作り市~上賀茂手づくり市編~」…

アーカイブ

ページ上部へ戻る