夏はやっぱりビールに……お団子!? パンダ形のお団子屋さん「ぱんだの散歩」

皆さんは覚えておいででしょうか? 今年2月の記事「家族で!それゆけ!手作り市~上賀茂手づくり市編~」にて、パンダの形のおだんごを売っているお店を(ちらっと)紹介したことを……。なんでもそのお店、上京区に店舗をお持ちなのだとか。その情報を手に入れてからというもの、伺うチャンスを密かに狙うも仕事に忙殺される日々……。

季節は巡り、夏。このたび満を持して行って参ります、上京区は大将軍の「ぱんだの散歩」へ!

大将軍交差点から、仁和寺街道を東へ。目的地を探しながら歩いていると、ちょこんと黒い看板が目に入ります。それが「ぱんだの散歩」開店の目印。

IMG_1710 (630x420)

カウンターのみのかわいいお店。

出迎えてくださったのは、“店主ぱんだ”の平井美早子さん。

IMG_1728 (630x420)

myself 「今日はよろしくお願いします!」

さっそく看板メニュー「ぱんだんご」をいただくことに。

IMG_1719 (630x420)

わくわく……。

そして焼き上がったのがこちら!

IMG_1726 (630x420)

どーん!

 

myself 「か、かわいい……。」

平井さん顔 「パンダの黒い部分は、竹炭パウダーを生地に練り込んで色を出しています。蒸すと真っ黒できれいな色になるんですよ! うしろにタレをひいているので、まずパンダを色黒にして食べてくださいね」

myself 「なるほど。でも、こんなにかわいいのになんだかもったいない気もしますが……! では、いただきまーす!」

 

ぱく、もぐもぐ……。

 

myself 「モチモチだ~~~!! 」

 

焼きたてのおだんごってこんなにふわふわなんですね。みたらしのタレもしっかり甘くて香ばしい。何個でも食べられてしまいそう……。

と、ここでキッチンの奥に目をやると、そこにあったのは……なんとビールサーバー

myself 「ビールが飲めるんですか!?」

平井さん顔 「はい、おだんごを焼いている間にちょっと飲めるようにって置いています。メニュー表には書いていない裏メニューです(笑)。おだんごに一味や山椒味のものがあるんですが、これがビールに合うんですよ。」

 

おだんごにビールとはまた珍しい組み合わせ……。そしてさらに驚きの情報が!

 

平井さん顔 「普通のビールのほかに、パンダビールというのもあります。」

 

myself 「パ、パンダビール……!!?? ビールまでパンダ!?」

平井さん顔 「東京で見つけ、それ以来たまに仕入れているんです。」

IMG_1736 (630x420)

どちらのビールも飲めないときに来てしまったなんて、なんてタイミングが悪いんだ……。ぱんだんごとパンダビールの組み合わせ、次回はぜひとも試してみたいものです。

**

myself 「パンダだらけの店内、よほどパンダがお好きなのですね……!」

平井さん顔 「大好きです! きっかけは『たれぱんだ』というキャラクターかもしれません。私、元々はキャラクターものとかかわいいものにあまり興味がなかったのですが、たれぱんだはかわいいなぁと思って、グッズも結構持っていたんです。本物のパンダももちろん好き。どっしり座ったりごろーんと転がったり、仕草はのんびりしてかわいいのに、目が意外と凶暴だったりして、そのギャップも良いですね。」

 

IMG_1733 (630x420)

myself 「どうしてパンダとみたらしだんごを組み合わせようと思ったのですか?」

平井さん顔 「元々みたらしだんごが大好きで、いろんなところのものを食べ歩いていたのですが、自分好みのおだんごになかなか出会えなくて自分でつくってみることにしたんです。でも、普通のおだんごでは面白くないし、何かと組み合わせようと思って。それで、自分が大好きなものどうしのパンダとおだんごを組み合わせることを思いつきました。」

myself 「ご自分でつくってしまうなんてすごい……。お料理が得意だったのですね。」

平井さん顔 「いいえ(笑)。飲食業の経験もアルバイト程度です。もう愛ゆえですね。」

IMG_1714 (630x420)

myself 「なるほど、愛は偉大。お店はいつから営業されているのですか?」

平井さん顔 「2013年の3月からです。始めは車で移動販売がやりたかったのですが、保健所の規定の関係でできなくて、じゃあお店をつくろうと思ってすぐ物件を探して……。この半年くらい、本当にあっという間でした。」

myself 「こんなに可憐な女性なのに意外とパワフル……! 私が『ぱんだの散歩』さんに初めて出会ったのは手づくり市でしたが、よく出店されているのですか?」

平井さん顔 「そうですね。上賀茂神社の手作り市はほぼ毎月申し込んでいて、他にも京都や滋賀の手づくり市を中心によく出店しています。やっぱり元々移動販売がしたいと思っていたこともあって、『ぱんだの散歩』という屋号もパンダがあなたのところにお散歩に行きますっていうコンセプトでつけたので、いろんなところに出店するようにしているんです。お店には常連さんの他に、手づくり市をきっかけにご来店いただく方も多くいらっしゃいます。」

今度かわいいぱんだんごがお散歩に行くのはあなたの街かも? 出店情報はホームページにてチェックできます!

 

平井さん、ありがとうございました!

 

■ぱんだの散歩

〒602-8373 京都市上京区下横町202(西大路大将軍交差点を東へ約150m行った北側)

営業日 木・金・土

営業時間 12時~売切れ次第終了

http://www.pandanosanpo.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日下 千夏

日下 千夏ライター

投稿者プロフィール

名前の読みは「くさかちなつ」。神戸出身、京都在住。社会人2年目で、京都の某大学の事務職員。学生のときから、手作り市には最低月1、多いときは週1で通っている。よく買うのはブローチと多肉植物。よく言われる言葉は「声大きいね」。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 奥様の名前は沙弥香。そして、旦那様の名前は宏之。ごく普通のふたりは、ごく普通の恋をし、ごく普通の結婚…
  2. 奥様の名前は沙弥香。そして、旦那様の名前は宏之。ごく普通のふたりは、ごく普通の恋…
  3. 皆さんは覚えておいででしょうか? 今年2月の記事「家族で!それゆけ!手作り市~上賀茂手づくり市編~」…

話題の記事

  1. 2015-11-12

    【短期連載】初心者でも安心! 「はじめてのすもう学」イベントレポート第2回

    奥様の名前は沙弥香。そして、旦那様の名前は宏之。ごく普通のふたりは、ごく普通の恋をし、ごく普通の結婚…
  2. 2015-11-2

    【短期連載】初心者でも安心! 「はじめてのすもう学」イベントレポート第1回

    奥様の名前は沙弥香。そして、旦那様の名前は宏之。ごく普通のふたりは、ごく普通の恋…
  3. 2015-8-21

    夏はやっぱりビールに……お団子!? パンダ形のお団子屋さん「ぱんだの散歩」

    皆さんは覚えておいででしょうか? 今年2月の記事「家族で!それゆけ!手作り市~上賀茂手づくり市編~」…

アーカイブ

ページ上部へ戻る