岡本卓也×魔法にかかったロバ

岡本さんプロフ


岡本卓也

兵庫県出身。立命館大学産業社会学部人間福祉学科卒業後、高齢者福祉施設での勤務を経て、2009年より特定非営利活動法人きょうとNPOセンターに入職。2013年より、市民が主体的にまちづくりに取り組む「京都市未来まちづくり100人委員会」の運営本部及びまちづくりの現場におけるファシリテーションを担当。2015年より、地域づくり・仕事づくりを専門とする、民間・市民による地域のためのシンクタンクとして有限責任事業組合まちしごと総合研究所とも平行して活動する。

社会課題の解決に向けて、社会変革をめざす組織や市民と連帯し、多様なパートナーシップを創出することで市民の協同性や自治が根づく社会の実現を目指しているきょうとNPOセンターの岡本さんが、「面白いお店」と紹介してくださったのは、上京区御前通一条通にある「魔法にかかったロバ」。日替わり店長をテーマとしたこのお店の代表である山崎達哉さんとは、初めて来店する前からの知り合いだったそう。京都という地で人をサポートする仕事をされるお二人から、その醍醐味について伺いました。

 

“日替わり店長という形で若者の支援や夢の実現を応援している面白いお店”

 

―魔法にかかったロバを訪れるようになったきっかけを教えてください。

 

岡本 2年前のことになりますが、若者の支援をしている公益財団法人京都市ユースサービス協会主催の「トークフリマ~若者が本気で語る 魂の Jam Session~」というイベントに出展者として参加したら、隣のブースが魔法にかかったロバの代表である山崎さんだったんです。

 

山崎 そのあときょうとNPOセンターが入居しているコラボレートオフィス「Flag三条」でたまたま再会しました。

 

岡本 そのときにお店の話は聞いていて場所も知っていたのですが、なかなか足を運ぶことができなくて……。1年くらい前、たまたま僕の後輩がお店で北海道の日「どさんこナイト」を開催するということで初めて行きました。山崎さんは日替わり店長という形で若者の支援や夢の実現を応援されるという面白い試みをしているのですごく尊敬しています。

 

山崎 ありがとうございます。僕は若者と社会を繋げることを目的とした事業をしていますが、ここはその拠点となります。

岡本さん02

―山崎さんの肩書である「ネットワークプランナー」とは具体的にどんな仕事なのでしょうか。

 

山崎 僕はこのお店だけでなく名刺やTシャツのデザイン、Web制作など色々なことをしていますが、それぞれの専門家ではありません。得意分野を持つ人と人を結び、ここで若者と社会を結ぶようなことをしたいと考えています。

 

岡本 ここは、単純に場所を借りたい人が借りられる場所ではないんです。山崎さんはその日の店長がしっかり接客ができているかどうか、品出しがちゃんとできるようになどきちんと指導されている。ここから巣立っていけるように先を見越して取り組んでいらっしゃいますよね。

岡本さん03

山崎 はい。この額の人たちは、うちから独立した人。中には73歳でオムライス屋さんを始めた人もいます。

岡本さん04

―岡本さんはこちらでお店を開いてみようと思ったことはありますか?

 

岡本 ずっと「やろうやろう」と言って頓挫しているんですが……「漫画ナイト」という漫画について語り合うイベントができたらと考えています。でも、山崎さんの指導が怖くて(笑)。

 

―山崎さんは企画段階からその日の店長にご指導されるのですか?

 

山崎 はい。例えば、漫画ナイトだと漫画喫茶との差別化を出すためにコンセプトを固めないといけません。そのためには、オリジナルのワークシートを使ってお店を開く前に店長と打ち合わせをします。店長には2回、3回……と続けてお店を開いてもらいたいですね。僕が手を離してもここで自分たちだけでやっていけるようになれば。

 

岡本 オープン前からしっかり指導されているので、初めての日替わり店長でも初めてだとは思えないんです。

 

山崎 照れるなぁ。

 

岡本 日替わり店長というコンセプトなので、初対面の隣に座っているお客さんとも話がつけやすい。ほとんどの人がコンセプトの“どこか”に引っかかって来ているはずなので。

 

山崎 やっぱり「人」ですけどね。もし岡本さんの漫画ナイトが実現したら、漫画好きが集まるというとそうでもないですよ。結果的には「岡本さん好き」が集まる。うち、自分の誕生日に店長になって自分で祝う人もいるんですよ。

 

岡本 僕、来月誕生日です(笑)。

 

山崎 やらはったらええやん! 「岡本卓也を愛でる会」、ストレートで良いと思います。

 

岡本 誰も来ないかも……(笑)。来てくれれば嬉しいです!

 

“「何か面白いことないかな」と思ったとき、山崎さんの顔が思い浮かぶ”

 

―お二人はお仕事の話はされないんですか?

 

岡本 しないです。業種のカテゴリーは同じになるのですが、以外とそんなに接点がないんです。「何か面白いことないかな」というときに山崎さんの顔が思い浮かびます。でも、コンタクトは取らずお店のHPやブログを一方的に見ています(笑)。

 

岡本さん05

この日の夜は立命館大学の東北出身の学生が店長を務める「どぉでぁ釜石 きっかけ食堂」がオープン。メニューには東北の郷土料理や地酒が並ぶ。常連客や立命館大学の学生が次々と来店し、あっという間に満席となった。

 

―お二人の共通点は京都というフィールドで新しいことを始める人のサポートをされていることですが、岡本さんが担っておられるお仕事の中で、それが最も反映されているのは「京都市未来まちづくり100人委員会」(http://kyo-mirai.jp/)なのではないでしょうか。

 

岡本 そうですね。100人委員会に集まってくださる人たちを見ていると、「行動を起こしている人は素敵やな」と感じます。中には、最初は会議で発言することしかできなかった人が今ではプロジェクトのリーダーになっていたりと、人が成長していく姿を見られるのがいいですね。僕は一番おいしい立場かもしれません(笑)。ただ、まちのためになっていないと意味がないので、「楽しかった」だけでは失敗。委員会を通して、「まちが変わった」と言われたら大成功です。

岡本さん06

岡本 京都のNPOだけにとらわれない形で、今まで以上にまちづくりや地域の生業づくりに取り組めるようにと今年度から新しく、有限責任事業組合「まちとしごと総合研究所」をきょうとNPOセンターの中から立ち上げました。

 

―きょうとNPOセンターは中間支援組織ですが、まちとしごと総合研究所ではどのような役割を担われるのですか。

 

岡本 きょうとNPOセンターでは、NPOの支援や、NPOを作りたいという方々のサポートや、NPOの方々が活動しやすい環境づくりを担ってきましたが、まちとしごと総合研究所では、従来のNPO支援だけに拘るのではなく、もっとその地域に根ざした形で、一緒に新しい生業や小商いをつくっていくことをしていきたいと考えています。

また、まちしごと総合研究所は「有限事業責任組合」ですので、組合委員一人ひとりが責任者です。一般の会社はトップが仕事をとってきて部下が仕事をするという形ですが、我々はプロジェクトベースで動いていくことになりますので、正規、非正規社員にこだわらない、新しい働き方のモデルケースになるのではと考えています。海外ではこのような働き方も進んでいますが、日本ではまだ浸透していません。こういった所からも、これまでとは違った形での働き方というものも世の中に提案してきたいと思っています。

 

 

魔法にかかったロバ


住所:京都市上京区御前通一条通御前西入る西町90枡嘉ハイツ1階

電話番号:075-463-6866

営業時間:昼 11:00~17:00

夜 18:00~24:00 (23:30LO)

HP:http://ameblo.jp/mahoroba-kyoto/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
川上 ひろこ

川上 ひろこナポリタン編集長 / ライター

投稿者プロフィール

1992年大阪府摂津市生まれ。京都精華大学在籍。2012年春に同大学を休学し、栃木県益子で環境問題を扱うNPOの元で2ヶ月のあいだ環境保全活動をする。同年夏より、ご縁がありフリーライターとして東京の広告代理店の編集業務を取り扱う部署に常駐。憧れていた雑誌やネットニュースの原稿執筆をする。2014年春より復学し、現在は京都市左京区の「恵文社」から自転車で7分の距離にある家でシェアハウス中。好きな食べ物はチョコミントとパクチー。「ナポリタン」を京都愛あふれるウェブサイトにするため、今日もママチャリに乗ってネタ探し。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 奥様の名前は沙弥香。そして、旦那様の名前は宏之。ごく普通のふたりは、ごく普通の恋をし、ごく普通の結婚…
  2. 奥様の名前は沙弥香。そして、旦那様の名前は宏之。ごく普通のふたりは、ごく普通の恋…
  3. 皆さんは覚えておいででしょうか? 今年2月の記事「家族で!それゆけ!手作り市~上賀茂手づくり市編~」…

話題の記事

  1. 2015-11-12

    【短期連載】初心者でも安心! 「はじめてのすもう学」イベントレポート第2回

    奥様の名前は沙弥香。そして、旦那様の名前は宏之。ごく普通のふたりは、ごく普通の恋をし、ごく普通の結婚…
  2. 2015-11-2

    【短期連載】初心者でも安心! 「はじめてのすもう学」イベントレポート第1回

    奥様の名前は沙弥香。そして、旦那様の名前は宏之。ごく普通のふたりは、ごく普通の恋…
  3. 2015-8-21

    夏はやっぱりビールに……お団子!? パンダ形のお団子屋さん「ぱんだの散歩」

    皆さんは覚えておいででしょうか? 今年2月の記事「家族で!それゆけ!手作り市~上賀茂手づくり市編~」…

アーカイブ

ページ上部へ戻る